• ホーム
  • 次世代モバイル方式5Gで通信はどう変わる?

次世代モバイル方式5Gで通信はどう変わる?

固定型電話が当たり前だった1980年代に登場した、携帯電話は従来の利用の場所的制限を大幅に解除するもので画期的な発明ともてはやされていました。当時は出先や移動途中で電話をかけることが可能になるというもので、通信分野にとってはエポックメイキングをもたらしたものです。

その後にはデータ通信が加わり、パソコンだけでなく携帯電話やスマートフォンでインターネット接続が当たり前になるなど通信技術は長足の進歩を遂げました。一連の通信手段の多様化・高機能化を可能にしているのは、大手キャリア三社が保有する無線データ通信網の大幅な技術革新にあります。

大幅な通信インフラと携帯端末の双方を根本から更新し、大幅な通信速度向上を実現する仕組みのことを「世代」と呼びます。現在日本で主流なのは、第4世代(4G)とよばれているのです。目下の4Gの通信速度をさらに高速化し、ネットワーク間の高速大容量のデータ送信を可能にするのが、次世代の5Gになります。

政府は2020年に5Gサービスの提供を開始することを表明しており、大手キャリア各社も対応におわれているところです。しかし現在でもスマホでSNSや動画視聴を楽しむ点では、不都合がないように思えます。にもかかわらず政府が2020年という早期の実現を目指すことが、lot化社会の到来であるのは確かです。lot化社会とは人・モノ・情報の全てがネットワークでつながる社会のことです。

lot化社会では各種家電やドローン、ウエラブル端末などがすべてネットワークに接続するのが特徴で、そこではトラフィック量の急増が生じるものと想定されています。なかには遠隔手術や高齢者見守りなど医療・介護でのlot化を進め機能するには、4Gの通信速度では不足するので第5世代移動通信システムの必要性が痛感されているところです。lot化社会では多接続が当然で、サービスの遅延を防止するにも低遅延であることへのニーズが非常に高い訳です。

したがって家電やドローンなどのデバイスが多接続したlot化を円滑に進めるには、高速大容量・低遅延の第5世代移動通信システムの登場が嘱望されるのも納得できるところと言えます。そして5Gが到来した社会においては自動車の自動運転技術の確立による自動運転サービスの提供や、離島にいながら都心部の専門医による遠隔手術など身近な問題でも大変革が予想されます。5Gの特徴である高速大容量ネットワークの実現は、ライフスタイルのありようすらも変革させるポテンシャルを秘めているのです。