• ホーム
  • インスタグラムを自動で運用できるツールの仕組みとは?

インスタグラムを自動で運用できるツールの仕組みとは?

スマホでインスタグラムを見る人

インスタグラムは10代から20代の若い女性を中心に人気の高い、SNSのひとつです。写真やストーリーと呼ばれる短時間の動画など、画像がコンテンツの中心なのでファッションやコスメ・美容アイテムなどの紹介と相性がいいのが特徴です。インスタグラムのこのような特性を踏まえて、マーケティングにとりくむ事例も増加していますが、フォロワーの数をいかに効率的に獲得するかが問題になります。

フォロワーを獲得するには、まずフォローすることも重要で適切なタイミングでいいねを返すことがポイント。なかでも重要なのはエンゲージメント率の高いフォロワーの獲得にあります。アクティブフォロワーの獲得にはいいねを積極的に付けることが出発点になります。あなたのいいねに気がついた相手が、自分のアカウントに関心を持ってもらうきっかけになるからです。

しかしマーケティングにインスタグラムを活用するときは、フォローしたりいいねを付ける対象のアカウントの数は次第に多くなり人的スタッフでアクションをするにはおのずと限界があります。アクションを効果的に行うためにスタッフを増やせばコスト要因になるので、ツールを活用できれば効率的なマーケティングが可能になるでしょう。このニーズに応える公式ツールがハッシュライクスになります。

ハッシュライクスは別名自動いいねツールを持っていることから伺うことができるように、自動いいね機能を実装しているのが特徴です。ハッシュライクスを設定稼動しておけば、あなたやスタッフがスマホやブラウザの前に張り付いていることもなく、自動判断して自動いいねを付けてくれます。しかし本来いいねは、人間がハッシュタグやアクションの動向やコンテンツに示唆される方向性などを踏まえて判断するべき事項です。ツールに自動いいねを委ねても本当に適切に、マーケティング上適切にいいねをしてくれるのか不安を抱く方も多いはずです。

ここでかぎを握るのはハッシュライクスには人工知能ロボットが、実装されている事実です。その仕組みを確認すると、設定当初にハッシュタグ登録を済ませておくと人工知能が自己判断して、いいねをつけるというのが基本的仕組みになります。ハッシュタグ登録を済ませておいて運用を開始すれば、数時間程度で人工知能があなたにかわっていいねをはじめ、設定条件に従ってフォローするなどのアクションの自動運用を可能にします。インスタグラムマーケティングでは、ハッシュライクスの活用をおすすめします。